治療の幅が広がり、治療期間も短縮できるインプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正とは、ミニインプラントを固定源にした矯正方法のことです。「アンカー」とよばれる小さなスクリュー(小さなインプラント)を歯ぐきに埋入し、これを固定源として歯を引っ張ることで、効果的な治療ができます。歯ぐきに入れるスクリューは、ほんの数ミリの大きさしかありません(小さなピン程度だと考えてください)。麻酔を使って骨に埋入していくのですが、痛みはほとんどありません。

※インプラント治療で用いる「アンカー」は、薬事承認しか受けていないため、患者さまには同意書を書いていただいています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております