どうして子供のうちに歯並びを治した方がいいの?

こどもの矯正ガイド矯正治療の大きな目的のひとつは、食事を美味しく食べられるようになることです。歯並びがよくなると、歯磨きがしやすくなってむし歯や歯周病になりにくくなります。70代~80代になっても歯がたくさん残っていると、自分の歯で食事をすることができます。またしっかり嚙めるようになり、胃腸に負担がかからなくなるので 健康な身体をつくることができます。

また歯並びの悪さから生じる「見た目のコンプレックス」を取り除いてあげることも大切な目的の一つです。特に思春期に差し掛かったお子様の「見た目」に対する気持ちは、大人が考えているよりもかなり大きなもののようです。早めの治療でコンプレックスを取り除いてあげると、自然と笑顔があふれるポジティブな性格に変われる方も多いのです。

悪い因子(悪い歯並びや嚙み合わせ)を早めに取り除けば、あごの成長が促されて健やかに成長することにも繋がります。小児期はあごの成長を利用できるので、治療効果が高まり、永久歯に生え変わってからの治療が楽になり、より理想的な歯並びに整えることができます。

<早期に矯正治療をするメリット>
・お口の中の環境が整う(長期の安定が期待できる)
・歯磨きがしやすくなるので、むし歯や歯周病の予防ができる
・笑顔が増えて性格がポジティブになる
・健康な身体をつくる

矯正しないとどうなるの?
悪い歯並びや嚙み合わせが悪いと、お子さまの成長を妨げてしまいます。

●過蓋咬合
上の歯が下の歯に深く被さる「過蓋咬合」のお子さまの場合、下の歯を抑え込んでしまい、下顎の成長を妨げてしまいます。また、顎関節に負担がかかりやすくなり、将来、顎関節症になる可能性があります。

●反対咬合・開口・上顎前突
上下の歯が反対に噛み合っている「反対咬合」は、前歯が開いた状態の開口、上顎が前に突き出ている出っ歯(上顎前突)などのお子さまには、下顎を前に出したり、舌や唇で歯を強く押してしまうクセを持っている場合があります。こうした癖は、矯正装置を装着した時と同じ力が働き、将来的に手術が必要になったり、治療が難しくなる場合があるので早めの治療が必要です。

こうしたことから、小児期に治療をするのがベストといえます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております