指しゃぶりなどが歯並びに影響すると聞いたのですが

指しゃぶり物を飲みこむときに舌をつき出し、歯を押すような癖(舌癖:ぜつへき)や指しゃぶりなどのクセは、歯並びに悪い影響を与える場合があります。これらの悪習慣のせいで、開咬(前歯が開いている)や上顎前突(いわゆる出っ歯)、あるいは反対咬合(受け口)といった悪い歯並びになりかけているお子さまは少なくありません。

こうしたお子さまには、矯正装着の他にMFT(筋機能療法)とよばれる口のまわりの筋肉のトレーニング方法をアドバイスします。MFTでは、舌、口唇および顔面の筋肉を強くしてバランスを良くし、正しく機能させることができます。実際、矯正装置を付けなくともMFTのみで、歯並びがある程度改善するケースもあります。

歯並びが悪いお子さまの中で、こうしたクセが見られるお子さまをお持ちの親御さまは、ぜひ一度当院までご相談ください。お子さまに合った効果的なトレーニング方法をアドバイスさせていただきます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております