子どもの矯正治療の流れ

小児矯正は、大きく分けると第1期と第2期の2段階で、それぞれで治療を進めていきます。

ステップ1/第1期治療
この時期は永久歯が生えてくるスペースをつくったり、歯並びや顎の成長に悪影響を与える噛み合わせの改善をして、順調な顎の成長や歯の生え変わりを誘導していきます。第1期治療で理想的な結果が得られれば、第2期治療までいかずに治療が終了。期間が短くなり、費用もかさみません。また第2期治療へ進む場合でも、永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。

ステップ2/第2期治療
第1期治療では完全に仕上げられない場合に行う治療です。基本的に成人治療と同様の治療になります。
※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております