お子さまの矯正相談を受けるタイミング

早めの相談は治療の可能性を広げます無料矯正相談のご案内
矯正相談は無料なので、歯並びや嚙み合わせが気になったらいつでも相談に来てください。一般的には、永久歯が生え揃ってからといわれますが、その時期だと適切なタイミングを逃してしまう場合があります。相談の時期が遅くなるほど治療の選択肢が狭まるので、早めの相談をおすすめします。

さらに定期的に経過観察をしていくと、お子さまにとって最もよいタイミングで治療が始められます。矯正専門医にお口の中を見てもらうだけでご家族の不安も和らぎますので、治療の有無に関わらず歯並びや嚙み合わせが気になったら、いつでもご相談ください。

あごの狭いお子さまは、早めの相談を!
不正咬合・不正歯列の7割は歯が凸凹に生えている叢生(そうせい)です。乳歯時期にあごのラインに歯が生えてくる隙間がなかったり乳歯が凸凹に生えていると、永久歯が凸凹になる可能性があります。特に最近のお子さまはあごが狭く、あごに対して歯が大きい傾向にあるので、早期に骨格にアプローチして歯がきちんと並ぶ環境を整えてあげる必要があります。

唇や舌のくせ
出っ歯のお子さまは上の前歯と下の前歯の間に唇が入りやすく、唇の圧力でより出っ歯になる可能性があります。じわじわと加わる唇の圧力は矯正と同じ力があり、さらに悪い形態を作ってしまうのです。また、舌を出すクセがあったり舌の位置が悪かったりすると、歯並びに対して様々な悪影響(すきっ歯、開咬、反対咬合、発音障害など)をおよぼします。

矯正相談ではそのような悪いクセなども見つけ出し、適切なアドバイスをしております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております