裏側矯正インコグニート

裏側矯正

裏側矯正は、歯の裏側から取り付けて歯並びを整える矯正装置です。表側からは一切見えないため人目を気にせずに矯正ができますが、従来の装置では舌にあたった時の違和感を気にする人も少なくありません。これらの問題を解決する最新の裏側矯正が「インコグニート(Incognito/iBraces)」です。

インコグニートは、最新のコンピュータ技術で作るカスタムメイドの裏側矯正装置です。当院では、インコグニートを使用した裏側矯正をご提供しています。

オーダーメイドの裏側矯正システム

インコグニートとはインコグニート
これまでは既製品のブラケット(矯正装置)を使用して裏側矯正を行っていましたが、患者さまごとに歯の形態が異なるため、違和感が出るなど調整が難しく、その後の治療の精度に影響が出ていました。

インコグニートは、最新テクノロジーによるオーダーメイドの裏側矯正システムです。歯型の模型をもとにスキャニングし、CAD/CAMシステムで設計することで、歯の形態に合わせたブラケットとワイヤーに仕上がります。従来の装置に比べると薄く、装着時の違和感や剥離などが起きにくくなり、治療の精度が高まります。

ヨーロッパで№1の世界が認める矯正システム
インコグニートは、2001年にドイツの矯正専門医・Dr. Wiechmann が開発したシステムです。今なお改良が続いており、裏側矯正治療の先進国であるヨーロッパでは圧倒的なシェアを誇り、2010年現在60か国で採用されている「世界が認める裏側矯正システム」の一つにあげられています。

インコグニートと従来の裏側矯正装置の違い

インコグニートインコグニートの特長は、非常に薄くて違和感が少なく、また装置の剥離や脱落が起きにくいことです。それにより1回の治療時間を短縮することができ、より精度の高い矯正が可能になります。

違和感の軽減
歯の裏側は1本1本ごとに形態が異なり、ブラケット(装置)の調整が複雑です。従来の装置は個々の歯に対して厚みを調整していたので、違和感がありました。インコグニートは、CAD/CAMシステムを使い、1本1本の歯の形状に合わせて設計するためブラケットの厚みが薄くなり、複雑に湾曲したワイヤーに仕上がります。1本1本の歯にフィットした違和感の少ない装着感になります。

装置の脱落・剥離の軽減
従来の装置はブラケットの接着面が狭いため、矯正中に装置が取れてしまうことがありました。インコグニートは接着面が広いのでしっかり固定することができ、装着後の脱落・剥離などのトラブルが起きにくくなります。

1回の治療時間を短縮
従来の装置はワイヤーの調整が難しく、1回の治療時間が長くかかりました。インコグニートではStepごとにワイヤーを製作しているため複雑な調整が不要となり、治療時間の短縮につながります。

むし歯のリスクを軽減
従来の装置は歯の接着面が狭いため、むし歯リスクがありました。インコグニートは接着面が広いため、むし歯リスクの軽減にもつながっています。

金属アレルギーの心配が少ない
従来の装置は金属を使用していました。インコグニートでは金属アレルギーの少ない、金合金を使用しています。これにより、金属アレルギーのある方でも安心してお使いいただけます。

<インコグニートと従来の裏側装置の比較>
インコグニート 従来の裏側装置
違和感
装着後の脱落
1回の治療時間
むし歯リスク
金属アレルギー
治療にかかる費用

治療の流れ

Step1.型取り
ブラケットとワイヤーを製作するために、歯型を採取して、技工所に送ります。

次へ
Step2.デジタルデータの作成
歯型をもとに模型を製作して3Dスキャナで読み取り、デジタルデータを作ります。

次へ
Step3.矯正装置の製作
CAD/CAMシステムでブラケットとStepごとに使用するワイヤーを一括して設計し、製作します。

次へ
Step4.治療開始~装置の装着
コンピュータで設計した位置に正確に装置を取り付けて、矯正治療を開始します。

次へ
Step5.調整期間
1か月~1か月半に一度通院し、Stepごとのワイヤーに交換して、歯の動きを調整します。あらかじめ製作したワイヤーを使用するため短時間で調整が終わります。

次へ
Step6.装置の取り外し~保定期間
全てのStepを終えた段階で、装置を取り外します。その後、保定装置を装着して歯を固定させます。

次へ
Step7.治療終了
歯が完全に安定すると、矯正治療はすべて終わります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております