まずは矯正相談から

まずは矯正相談

カウンセリングを重視しています
歯並びを治したいと思ったら、まずは無料矯正相談を受けてください。
矯正相談は、院長と患者さまがお互いの理解を深める場です。歯並びや嚙み合わせで気になることがあれば、遠慮せずにお話しください。もちろん矯正治療の概略や進め方など何でも結構です。それらをもとに、一つひとつお応えしていきます。患者さまのご要望が多ければ多いほど、より具体的なアドバイスができ、治療の選択肢も広がっていきます。

患者さまのご要望を第一に考えます
診断を通して、歯並びや嚙み合わせが悪くなっている本質的な問題を説明し、それを改善するには、どのような方法があるのか説明いたします。それに対して、患者さまの考えと合っていない場合があるかもしれません。その場合はメリット・デメリットをきちんと説明し、患者さまを尊重して、ご要望を取り入れた方法を一緒に考えていきます。

当院では、患者さまのニーズを第一と考えています。ご要望を満たすにはどうすればいいのか一緒に考えていき、患者さまのニーズに即した治療計画を立案します。決してこちらから押し付けることはありませんので、遠慮せずに何でもご相談ください。

精密検査で、お口の状態を正しく診断します

精密検査でお口の状態を正しく診断矯正治療を始める前に、お口の中やあごの状態を正確に診断するために、矯正相談を受けた後で治療を希望する方は、精密検査を受けていただきます。

検査項目は、レントゲン写真・歯や顔の写真撮影・歯の型採りなどがあり、歯の位置や顎骨、顎の状態を精密に調べます。

検査終了後は、1週間程度で結果が出ますので、検査結果をもとに、現在の歯の状態と治療計画・期間・費用の説明をおこないます。そのうえで患者さまのご希望をお聞きして、最終的な治療方法を決定していきます。

治療を始める前の準備

むし歯がある時は、先に治してください治療を始める前の準備
お口の中を見せていただき、むし歯がある場合は、先にむし歯の治療をしていただいてから矯正治療に移ります。むし歯のある状態で装置をつけてしまうと、むし歯治療をするために装置を取り外さなければなりません。矯正治療を一時中断することになり、治療の遅れにもつながります。たとえ小さなむし歯でも、治療前にきちんと治療していただくようにお話ししています。

差し歯のある方は、ご相談ください
矯正治療は、歯と根がある状態であれば治療ができます。しかし差し歯がある状態で矯正すると、治療後、嚙み合わせが合わなくなる可能性があります。

現在入れている差し歯は、歯並びや嚙み合わせが悪い状態で作っています。矯正すると、歯並びや嚙み合わせが正しい位置になるので、合わなくなってしまうのです。矯正を始める前に、一度取り外して仮歯にすると、治療をすすめやすくなります。その後、矯正修了後に作り直せば、しっかり噛み合う差し歯になります。かかりつけの一般歯科の先生と事前にご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております