約2,800症例以上の実績。矯正専門医として高度な治療を提供

矯正専門医として高度な治療を提供

一般的に、矯正専門医として一人前になるために必要な症例数は、約1,000症例といわれています。約1,000症例ほどの治療を経験すれば、たいていのケースは診ていると思って間違いないでしょう。この「1,000」という数は、腕の確かなドクターを見極めるひとつの目安といえます。

当院院長/角田は約22年間、2,800症例以上の矯正治療に携わってきた矯正治療のエキスパートです。難しい症例から珍しい症例まで、様々な歯並びを改善してきました。これだけ多くの歯並びを診てきたので、はっきり言ってしまえば、対処できない症例はほとんどありません。様々なメソッド・治療方法を組み合わせながら、ハイレベルな治療を行っています。

「小さな頃から歯並びが悪く、自分はもう治らないかもしれない」「口元のコンプレックスは既に諦めてしまった」という方も、ぜひ一度ご相談ください。

矯正専門医だからできる、高度な矯正治療

的確な診断力高度な矯正治療
矯正治療は診断が8割といわれ、治療の成功を左右するほど診断力が重要です。歯だけを見ていても正確な診断はできません。骨格も見なければ、同じ動かし方をしても実際の動きは変わってしまいます。当院では、セファロレントゲンで頭部を撮影することで骨格を含めた総合的な診断をするので、確実な矯正ができるのです。

ワイヤーの性質を熟知しています高度な矯正治療
矯正専門医はワイヤーの性質を熟知していて、どのようにワイヤーを曲げれば効率よく歯を動かせるのかシュミレーションできます。ワイヤーを曲げる高度なテクニック「バイオプログレッシブ・テクニック」をマスターし、1本1本の歯を三次元的にコントロールしながら、歯を移動させたい方向に確実に動かします。

どんな症例でも治せます
患者さまから多いのが、「治せますか?」という質問です。その都度、院長は「治せない歯並びはありません」とお応えします。矯正専門医には治せない症例はありません。診査・診断をきちんと行い、あらゆる治療法や技術を駆使すれば、難症例でも問題を解決できます。

長年の経験と勘で失敗を回避します
矯正専門医は失敗するパターンを予測できます。治療中に失敗しそうな場面に直面しても、長年の経験と勘で回避するので、失敗がありません。冷静に対処するので、何ごともなかったように感じる患者さまがほとんどです。

【インフォームド・チョイス】治療は患者さまが自ら選ぶ

インフォームド・チョイス信頼できる医院とは、一体どんな歯医者さんでしょうか?それは検査や治療について、シッカリ説明をしてくれる歯医者さんだと私たちは考えています。そこで私たちが大切にしているのは、"インフォームド・チョイス"という考え方です。これは、平たくいえば「十分に患者さまに説明をおこなったうえで、治療を選んでもらう」という診療に対する姿勢です。

たとえば治療において抜歯か非抜歯かに迷った場合、当院ではメリットとデメリットを十分説明したうえで、最終的な判断は患者さまにお任せしています。もちろんその際、プロの立場からアドバイスも同時にさせていただきます。決断を患者さまに委ねっぱなしにはしません。「一方的な押し付け治療はしない」――患者さまの笑顔をお手伝いするために、私たちはインフォームド・チョイスを徹底します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております